壮年カーライフのA to Z

車に似合う男になろう

ベンツやBMW、フェラーリやランボルギーニなど高級車に乗っていれば、女性にモテるかも?と考えている男性は少なくありません。確かに高級車に乗っていれば女性からのウケはいいでしょう。女性の方からアプローチがかかることがあるかもしれません。

しかしいくら高級車に乗っていても、運転や振る舞いがふさわしくなければ女性も離れて行ってしまいます。高級車に限らず、いい車に乗るならばそれにふさわしい魅力を身につけなければならないのです。

≪運転中のマナーは守ろう≫

中年の男性ともなれば、運転自体はそれなりに自信があるでしょう。車が好きなら運転する機会も多いはずですので、なおさらですね。ですが運転中のマナーはどうでしょうか。例えば運転中、周囲の車の運転が少し気に入らないとあおったりクラクションを鳴らしたりしていないでしょうか。さらにあおるなど行動を起こさないまでも毒づいたりしていませんか?こうした行動、助手席から見ていると本当に残念ですし気分が悪いです。

確かにいきなり割り込まれたり、狭い道で立ち往生しているような車に腹が立つのはわかります。文句のひとつもいいたくなるでしょう。しかしそれをグッと飲み込み、スマートにふるまうのが紳士というもの。どんなことをされても笑顔でいる必要はありませんが、些細なことでいちいち腹を立てて2人の雰囲気を悪くするようなことは避けましょう。

また最近は高齢ドライバーが増えたことも影響しているのか、思いもよらない行動を起こす車も少なくありません。無闇にスピードを出し、運転がうまいことをアピールするようなことは避けましょう。思わぬ事故につながる可能性があります。

≪身だしなみにも気をつかおう≫

いい車に乗るならば、身だしなみにも気をつかいましょう。シワのあるジャケットや汚れが付いたままの靴など、細かいようですが案外女性は見ています。とくに靴に関しては、女性は必ずといっていいほどチェックします。汚れはもちろんのこと、ボロボロになっている靴は避けるようにしましょう。革靴をはいていくのであれば、磨いていくのが賢明です。革靴は履きこまれていてもきちんとケアをされていると味が出て、大人の男性らしさを演出してくれるはず。ただ日頃きちんとケアしていないといい味わいは出ない、といわれていますので気を抜かないようにしてください。さらに助手席からいちばんよく見えるのは、運転する男性の横顔。ヒゲのそり残しがあったり耳垢がたまってしまっていたりしないよう、出発前にしっかりとチェックするのがおすすめです。鏡1枚では見えない部分は手鏡などを使い、念入りにチェックしておきましょう。

そしてデートというと、ファッションも大切ですが女性が重視するのは清潔感。シワや汚れ、ニオイなどケアをおこたらないようにしてください。とくに自宅で洗うことができないコートなど、上着はニオイが染みつきやすいです。タバコ臭などは本人では気づきにくいので消臭剤などでニオイ消しをしておくと、安心でしょう。

いい車に乗っていると、それだけで自分の魅力があがったような気がしますね。高級車ならばなさらでしょう。ですが魅力があがったような気がするだけでは、残念ながら女性を魅了することはできません。いい車にはそれにふさわしい、いい男になる必要があるのではないでしょうか。