自動車保険の選び方

テレビコマーシャルでも、数え切れないほどの自動車保険商品が紹介されています。それぞれに差別化を打ち出すあらゆるサービスを付帯しているので、かえって内容が複雑になっているとも言えます。

これをいちいち確認するのも面倒ですし、自分に最適な保障内容かどうかを判断するのも難しいかもしれません。しかしちょっと見直すだけで保険料を節約出来ることもあるので、ポイントを押さえてチェックしてみてください。

保障内容を明確にする

保険商品によって保障内容が異なるように、人それぞれに求める保障も違います。つまり、保険会社が提供している保障で選ぼうとすると数が多すぎて迷ってしまいますが、自分にとって何が必要かというのが明確であれば、それに合った商品を選ぶことができます。

各保険会社が独自のサービスや魅力を打ち出しているので、混乱してしまいがちですが、自分にあった保障は意外にシンプルなものです。まずは自分のニーズと保証内容をすり合わせて絞り込み、現在加入している保険と比べてみましょう。

割引条件を確認してみよう

現在、一般的に行われているのが、ネットから申し込むと割引になったり、ゴールド免許なら割引になったりする制度です。こういったサービスを利用するのも、保険料の節約には欠かせません。

最近は、これ以外にもオリジナルの割引制度を取り入れているところが多いのが、ダイレクト自動車保険の魅力でもあります。

例えば、等級による割引は最大20等級というのが一般的ですが、最近は22等級まで設けているところもあります。ここまで幅が広がると、万が一事故を起こして保険を利用しても、割引率の減り方が緩やかになるため、次年度の更新の時の支払いに差が出てきます。

他にも、20等級以上で1年間無事故だと長期優良割引、ハイブリッド車や電気自動車で契約をしている場合はエコカー割引などもあります。もちろん、どちらの条件も満たしている場合は、併せて割引が受けられるので選ぶ時に確認してみましょう。

自動車保険は一度加入すると、そのまま更新を続ける方が多いようですが、内容が画一的であった昔と違い多様化しています。同じ料金でも保障が充実していることもありますし、必要のない部分をカットすれば保険料も大幅に安くなることもあります。割引サービスもいろいろあるので、維持費用を安くするためにも、見積もり比較サイトなどを、利用してみるといいでしょう。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.