意外と知られていない洗車のコツ

高い費用をかけて手に入れた車は、いつまでも大事に乗り続けたいものです。それが新車であっても中古であっても、車を乗る者のマナーとして心がけたいものですよね。

いつまでも愛車を大事に乗り続けたい。その願いを叶えるには、まず定期的に洗車をすることが大事です。しかし、適当な洗い方や間違った洗車方法でやると、きれいにするどころか逆に車を傷つけることになりかねません。洗車は、気持ちと同時にそのコツが大事です。どんなタイプの車にも通用する、ベーシックな洗車方法をご紹介します。

洗車用のカーシャンプーを選ぶ

まず、使用する洗剤ですが、どんな種類の洗剤でもいいというわけではありません。洗剤には洗う対象の性質に適応したタイプのものを選ぶ必要があります。車を洗車する場合は、泡立ちのよいシャンプータイプのものを選びましょう。

ただ、カーシャンプーであればどれを使用してもいいというわけではありません。車によってコンパウンドの配合量が異なり、カーシャンプーの種類によってはコンパウンド使用の車は使えない場合がありますので、注意事項欄の用途指定などを確認し、選びましょう。

泡を十分作ってから洗う

カーシャンプーで効率よく洗うコツは、いかに泡を作るか、です。泡立ちを良くするには、バケツにシャンプーを入れた際、勢いよく水を注ぎます。すると水の中にたっぷりとした泡が出来上がり、スポンジに含ませます。洗うとき、この泡が大事な役目を果たします。

泡をふくんだスポンジを手に取ったら、車体の上部から丁寧に磨いていきましょう。この時、スポンジ塗装を撫でるように磨いていきます。ここで注意して欲しいのは、スポンジを直接車体の表面に当てるような磨き方をしないこと。車の塗装はともてデリケートなので、スポンジについた汚れなどで傷が入ってしまうかもしれません。間に泡を立てることで、塗装に傷が入らないよう十分注意しながら洗うようにしてください。

しばらく洗い続けると、泡が徐々になくなっていきますので、泡はこまめに補給するようにしてください。常に泡を使って磨く、という意識を持ちながら洗車に向かうことが大事です。

全体を十分磨ききったら、ここでも車の天井部分から下へ洗い流すようにしましょう。すみずみまで丁寧に注ぎ落とすことが肝心です。

きっちり吹き上げてピカピカに

すすぎが終わったら、最後にクロスタオルで吹き上げます。吹き上げは迅速に行うようにしましょう。あまり時間をかけてやってしまうと、水垢が残る原因にもなります。

クロスは、吸水性の高い人口セームのものがおすすめ。この性質のタオルだと、こする必要はなく、置くだけで簡単に吸い取ってくれます。強くこすると傷などの原因にもなりますので、この人工セーム使用のクロスタオルは大変便利です。

きれいに吹き上げても、所々に拭きこぼしや水垢の跡が残ればしまりがありません。水分はきちんと隅々まできれいに取り除きましょう。

車を愛し続けるためには、洗車が命

車好きの人であれば、あらためてレクチャーする必要もなく、日頃からしっかりと洗車をやっていることでしょう。しかし、働き盛りの壮年男性ともなると、会社でも責任あるポストを任され、仕事に追われる毎日ですよね。そんな生活だと休日はヘトヘトになってなかなか洗車まで気が回らない、ということもあるかもしれません。そんな時にここでご紹介した洗車方法をご参考にしていただければ幸いです。

快適なカーライフを送るには、性能のいい車に乗るだけではいけません。愛車の洗車やメンテナンスをしっかりやることも大事ですので、車の傷、汚れなどがあったらきれいにするよう心がけたいですね。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.