渋滞の時の対処法

楽しいはずのドライブも、渋滞にハマるとそれだけでうんざりしてしまいます。お互いの気分が悪くなって、最悪の場合けんかが起きてしまうことも。そんな状態を避けるためにも、事前にしっかり対処法を考えておくのは必須です。

過去のデータチェックで回避する!

出かけるときに渋滞情報を確認するのは当たり前のことですが、現地に到着する頃には状況が変わってしまうので、あまり当てには出来ません。状況は時間ごとにどんどん変わっていくので、自分が出かける時間帯に合わせて日本道路交通情報センターの予想を見ておきましょう。

今は、過去のデータを統計して予測が立てられているので、当日の情報よりも正確性が高まっています。もしも、通過する時点でかなりひどい状況であれば、スケジュールを変更するなどして対処しましょう。 早朝や深夜など、ちょっと時間をずらせばスムーズに進むことができます。

ただし、普段とは違う時間帯の運転は注意が必要なので、体調を万全に整えておく必要があります。もちろん慌ただしい出発も危険ですから、余裕をもって出かけられるようにしてください。

渋滞にはまらないための運転テクニック

流れを読みながらの車線変更は、少しでも速く進むのに効果があります。ですが、ここでありがちなのが、一度車線を変更したらしばらくそのまま走ってしまうこと。高速道路というのは、一つのレーンが進んで止まったら、となりのレーンが流れ出します。この流れに乗ってテンポよく走らないと、結局はムダになってしまいます。

また、ちょこちょこ変更するのもNG。ポイントによって車線の流れの速さは違うので、逆に遅くなってしまいます。 運転技術があってスムーズに車線を変えられるのが一番ですが、うまく割り込めない場合は流れの良い車線を選びましょう。意外かもしれませんが、トラックは視界が高いので、遠くまで見通せますし、走り慣れているのでこういった車についていくのがおすすめです。

また、高性能のカーナビが付いている場合は、渋滞回避のルートを案内してくれます。事前にアップデートするなど、高性能化をしておくと効率よく回避することができるでしょう。

デートを予定通りすすめるためには、まず渋滞への対策を採っておくことが重要です。渋滞にはまったことで、プランが丸つぶれになってしまったら男性としてのメンツも立ちません。「つまらない1日だった」なんて思われないように、きっちり対策を練っておきましょう。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.