壮年カーライフのA to Z

勘違い禁止!ドライブデートのNG

車の運転をしている男性は、それだけでも女性には魅力的にうつります。ドライブデートはそんな男性の魅力を引き出してくれる、絶好の機会。女性にいいところを見せようと、ここぞとばかりにアピールしようと考えている人も多いことでしょう。

ただ実のところ、男性が思うアピールポイントと女性が魅力を感じるポイントはズレていることが多いんです。勘違いしたままアピールを続けると、思わぬ失敗につながるかもしれません。

≪勘違いしがちなドライブのNG行動≫

・ドライビングテクニックをアピールする
ひとつめは、自分がいかに運転がうまいかをアピールすること。驚くほど速いスピードを出したり、ほかの車のスレスレのところに割り込んでみたり。運転がうまい男性は、セックスもうまいといわれていたりもするのでアピールする男性、案外多いようです。

ただ正直なところ、助手席に座っている女性からすると怖いだけで逆効果です。むしろスピード狂で危なっかしい運転ばかりする男性、という印象がついてしまって次のデートどころか恋愛対象から外れてしまうかもしれません。危ない運転をする人の車に乗りたい、とは誰も思わないですから。

また同じように運転中、男らしさをアピールしようとほかの車をあおったり、危ない運転をする車に暴言を吐いたりする男性も少なくありません。運転中、性格が変わる人は珍しくないそうですが残念ながら男らしさアピールにはなりません。デート中は安全運転で、女性が安心して乗っていられるよう心がけてください。

・渋滞回避はほどほどに
ドライブの大敵といえば渋滞。お盆や年末年始など、確実に渋滞するような時期でなくとも高速に乗ればどこかしらで小さな渋滞にハマってしまうことがあります。渋滞にハマるとなかなか進まないイライラなどで、どうしても2人の雰囲気が悪くなってしまうので極力避けたいものですね。

確かに華麗に渋滞を避け、裏道をスマートに走れれば確かに魅力的。ただ渋滞を避けたいのなら、きちんとルートを下調べしておくこと。その場の勢いだけで避けようとすると、よくわからない道を行くことになるので迷子になったりして余計に時間がかかってしまうことも。さらに道がわかっていないと結局国道など、渋滞しやすい道を行くことになるので案外目的地までの時間は変わらなかったりもします。もし渋滞にハマってしまったら、ある意味休憩時間だと思って気楽に女性との時間を楽しみましょう。途中にサービスエリアなど、休憩できる場所があれば一息つくのもおすすめです。無理にスマートな男を演出するより、素直であることの方が女性には好印象ですよ。

・用意周到すぎる
初めてのドライブデート、おそらくお相手の女性も緊張しています。なかには乗り物酔いしやすいタイプの女性もいるので、酔い止めを始め冷え防止のブランケットなど色々と用意しておくと便利なものはたくさん。

ただあまりにも揃いすぎていると、女性の方が深読みしてしまうことも。日頃から色々な女性をとっかえひっかえ乗せてデートしているのではないか、女慣れし過ぎているなど余計な疑いをかけられてしまうかもしれません。もちろんあったらあったで便利なのですが。

なので用意するときは、酔い止めと頭痛薬、ブランケットにクッションがいくつかぐらいまででとどめておきましょう。クッションがいくつかあれば道中女性が寝てしまったとき、枕として代用できますし腰痛防止のために腰に当てることもできます。男性も女性もどちらも使えるものであると、女性もそこまで変な想像を膨らませることはありません。男性が思う、魅力的な男性は何事にも完璧であることかもしれませんが、女性からすると完璧すぎる男性は逆に近寄りがたくなってしまうことも。適度にスキのある男性の方が親近感がわき、距離を縮めやすくなるので要注意です。

男性にとってのかっこよさと、女性が思うかっこいい男性は意外と違います。もちろん同性からも慕われ、尊敬される男性は魅力的ですが。それでも自分がかっこいい、と思ってやっていた行動が実は女性からすると怖かったり、近寄りがたかったりということもあるはず。ドライブのときは少しだけ気を付けてふるまってみると、女性の反応も変わってくるかもしれません。