ロングドライブを楽しむために

渋滞も信号もなく、素敵な景色を楽しみながら走ることができるなら、ドライブは常に快適ですが、実際にはそうもいかないものです。だからこそ、どんな状況でも楽しめるように、事前にアイテムを取り揃えておきましょう。

いろいろな音楽を用意する

アナログですが、BGMは気分を大きく左右するものです。道が混んでいらいらしても、好きな音楽を聴いていると、それだけで気持ちが弾んだり癒されたりします。
ただ、ここで大事なのが、自分の趣味だけに偏らないようにすること。いくら自分が楽しくなっても、同乗者の気持ちが盛り上がらなければドライブを楽しむことは出来ません。

パートナーの好きなジャンルを用意しておくのはもちろん、ヒーリング効果のあるインストゥルメンタルなどもおすすめです。リラックスすれば余裕ができるので、予定通りに計画が進まなくても険悪な雰囲気になるのを防げます。

疲れてしまうと台無しです!

車でのお出かけは、公共の交通機関よりも自由がきくものの、長時間同じ体勢でいるというのは体に大きな負担をかけてしまいます。特に、同乗者は車の動きを予測できなくて緊張した状態が続くので、腰が痛くなったり肩が凝ったりしがちです。これでは、目的地についても「あー疲れた」となってしまうでしょう。

こうならないためにも、自然に腰を伸ばせるクッションや、首を支えるネックサポートなどを用意しておくといいですね。 また、暑かったり寒かったり、体感する温度によっても疲れの度合いが違ってきます。
女性は冷えがちなので、ブランケットもあると完璧です。

最高の1日で締めくくるために

二人きりで長い時間、狭い空間で過ごすというのは、お互いの距離をグッと縮めます。
いつもと違う環境で、気分よく体も疲れていない状態であれば、男女なら最終的に愛を確かめ合うのは当たり前のこと。

ですが、ドライバーは長時間の運転で神経的に疲れているので、気持ちに体が追いつかないこともあります。これでは楽しいドライブも台無しに。
そんなことにならないために用意しておきたいのがレビトラです。バイアグラと同じED治療薬ですから、専門のクリニックに行けば処方してもらうことができます。バイアグラに比べて即効性に優れており食事の影響も比較的小さいので、旅先で利用するのには向いています。これが一つあれば勃起の不安もなくなるので、最後まで心おきなくドライブを楽しめるでしょう。

美しい景色や人気スポットをめぐる、美味しいグルメを楽しむというのも大事ですが、そのためには、気分よく過ごせるかがポイントです。そのために、どんなシチュエーションになっても大丈夫なように準備を怠らないでください。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.