夫婦生活を円満に送るためのカーライフ

夫婦は一生、添い遂げるもの。これはもう昔日の価値観でしょうか?今では、熟年にさしかかると離婚を決断する夫婦が増えているといわれます。夫婦という枠組みから解放され、1人で自由気ままに生きてみたい。そういう考えは、特に奥さんのほうに強くあるみたいです。

これは壮年男子からしてみれば、穏やかな話ではありませんね。いつ離婚届を突きつけられるか、戦々恐々としているご亭主もおられるのではないでしょうか。なるべく、奥様とは日頃から距離感が開かないよう、密接に関わっていきたいものです。

そんな不安を解消してくれるにうってつけの材料は、何といっても車でしょう。車の中は、二人きりで過ごす空間としては最適です。誰にも邪魔されず、ほどよい距離感の中で相対できる。この環境を活かさない手はありません。

どこかへ行く用事がなくても、車は使えます。ここでは、末永く夫婦生活を継続するためのカーライフをご紹介します。

ドライブに誘おう

子どもがまだ小さい若い夫婦だと、夫婦水入らずのデートはなかなかできません。しかし、壮年夫婦であれば、子どもも中学生、高校生の年頃で、親の手から離れていますので、二人きりでどこかに出かけるチャンスではないでしょうか。

車といえば、まずはドライブですね。二人きりの時間をエンジョイするために、景色のいい場所を選んで出かけてみましょう。もちろん、運転するのはご主人です。もし久しぶりのデートだとしたら、車を運転するご主人の姿は、奥様からしてみればとても新鮮に映るのではないでしょうか。

ドライブする場所はどこがいいでしょう?やはり、街中は避け、美しい自然に囲まれた、落ち着いたスポットがいでしょう。青い海と、白砂青松が素晴らしい海岸通りもいいですし、色とりどりの葉や花が楽しめる山頂でもOK。そんなに奇抜な場所を選ぶ必要はありません。シンプルでベタなドライブコースがハズレもなく、無難にやり過ごせます。

2人だけの車中は、特別な空間になり得る

たとえ、ファミリータイプのワゴン車でも、2人だけしか乗っていなければ広さはあまり感じないものです。この距離感のなさと特別感が、2人の間の余白をぐっと縮めてくれるでしょう。

誰も、車の中の2人の関係を阻害することはできません。その中で、積もり積もった会話を楽しむのもいいですし、日頃言えなかった思いをぶつけてみるのもいいでしょう。自宅の寝室では口に出せなかった言葉が、車の中の距離感であればスッと出てくるかもしれません。

何も、会話に限定することはありません。夫婦ですから、場所は車の中であれ、ムードとお膳立てが整えば愛の営みを交わすこともあるでしょう。いつもと違う環境でこそ、盛り上がるということも考えられます。
ただ、夫婦の営みに走るのであれば、ちゃんと最後までしっかり事を務めてほしい、ということ。もし最後にふがいない落ちがついてしまえば、それこそ夫婦仲の危機になってしまいますので、やはり事前準備が大事です。
男であれば、「ひょっとしたらあるかもしれない」と想定するのは当然でしょう。そこでおすすめしたいのがレビトラ。即効性に効果がもてる勃起剤です。これで万が一、あそこが役に立たない、という事態を防げます。
特に野外の車中となると、イレギュラーな環境のため、調子が悪くなってしまう事態も考えられます。そんなときのために、レビトラなどの特効薬は必須アイテムです。

やはり車は必要

車は、単なる移動の道具ではありません。人間生活に彩りを与えてくれる重要なパーツです。最近夫婦仲がかんばしくない、以前より会話が少なくなった、そんな悩みでお困りの方は、車の持っている力を借りて人生の危機を乗り越えましょう。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.