大家族のためのミニバンを考える

ファミリーカーとしての用途で車を選ぶなら、家族全員が一緒に乗れる車にしたいものです。誰かにお留守番をしてもらうより、みんな一緒にお出かけしましょう。軽自動車の乗車定員は最大4人、一般的な普通自動車の場合は5人乗りになっています。となると、6人以上の家族がいる場合は大型車か複数の車に分乗するかを選択する必要が生じます。

小さくないけどミニバンという

6人以上の家族が一緒に乗ることができるファミリーカーといえば大型のミニバンです。変ないい方ですが、大きくてもミニなのです。それはともかく、大型のミニバンなら7人乗り8人乗りの設定がありますので、ちょっとした大家族でも安心です。少人数の家族なら2世帯で一緒にドライブという楽しみ方もあります。

大型のミニバンの代表格ともいえる車に、日産のエルグランドとトヨタのアルファードがあります。どちらも3列シートの前から2人、2人、3人の7人乗りか2列目を3人にした8人乗りの設定となっています。

大型ミニバンの弱点

7人8人が乗れるといっても、マイクロバスなどと異なり、あくまでもファミリーカーとして使う車ですから車体もそこまで大きくはありません。その中で3列シートを配するわけですから、後部座席はそれなりに窮屈に感じることもあるでしょう。

また、3列目シートはすぐ後ろがリアウインドウという状態になっており、ラゲッジスペースが狭いという弱点がありました。これは同時に、追突事故に遭った場合の後部乗員の安全性にもかかわる特徴です。

もっとも、最新のモデルでは各社ともにこの後部の空間を広げる工夫がなされており、従来よりもよい状況にはなっているようです。

ツーリング感覚で分乗する

一方、軽自動車かコンパクトカー、セダンなどの車2台でツーリングする選択肢はどうでしょうか。
車が2台になれば運転手さんも2人必要になります。しかし、運転免許を持っている人は多いのであまり心配することではないでしょう。

それよりも、2台間で会話を楽しむことが事実上不可能なことの方がマイナスですね。ただ、これも考えようで、1台のミニバンに目一杯詰め込むような乗り方よりも、ゆったり5人乗りのセダンなどに分乗した方がゆとりを持って楽しめるともいえます。

車両価格や維持費の問題は抜きにして、純粋に大家族の車として考えた場合、とにかくみんな一緒がよいならミニバン。普段のちょっとした買い物にミニバンは大袈裟と思うならそれより小さい車の2台持ちでしょうか。

もっとも、滅多に一緒に出かけることがないのであれば、所有する車は軽でもセダンでも1台でオーケー。必要な時に好きなミニバンをレンタルすれば解決です。毎回違う車を楽しむこともできますしね。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.