音楽でカーライフが華やぐ

音楽があれば、カーライフももっと楽しくなります。しかし、CDしか聴けないようなオーディオは、もう時代遅れ。最低限、トランスミッターからポータブルプレーヤーの音楽が飛ばせるようにしておきましょう。

運転中に音楽が聴きたくなることもあるでしょう。1人でドライブしているときも、音楽があれば退屈さを感じることもありません。また、女性を連れて走っている際にも、音楽があれば気詰まりな沈黙を避けることができます。同乗者に退屈・苦痛を強いらないためにも、音楽が聴ける環境を整えておくのは、1つの「責任」とも言えるかもしれません。

CDしか聴けないのは時代遅れ

最近のナビには、ほとんどの場合HDDがついており、音楽を保存しておくことができます。しかしナビのグレードが低かったり、音響設備が貧弱な中古車を選んだりすると、CD・MDしか再生できないこともあります。あえてCDを選ぶのも、オーバーエイジらしい「渋み」と言えますが、特に若い女性には「時代遅れ」と思われる可能性もあります。
価格.com - カーオーディオ | 製品情報、価格比較、通販

トランスミッターがあれば

少なくとも、アイポッドやウォークマンなどの音楽プレーヤーとスピーカーを連動させ、より手軽に音楽を聴くためのグッズを持っておきましょう。「トランスミッター」と呼ばれる道具を使えば、特定の周波にプレーヤーの音を飛ばして、ラジオから音楽が聴けるようになります。安いものであれば2000円程度から販売されているので、経済的なハードルも高くありません。

5000円程度払えば、音質も安定していて、リモコンで操作できる製品も買えます。HDDが非搭載のナビを入れているならば、このポイントに出費を惜しんではいけません。
FMトランスミッター - ELECOM

外付けスピーカーで音質改良!

初期装備のスピーカーが貧弱ならば、外付けのもので音質を良くしましょう。本格的なウーファーを付ければ、実に心地よい低音を楽しむこともできます。ただし、個人での取り付けはかなり難しいので、この辺りはプロに任せた方が良いでしょう。商品だけ買って持ち込めば、1万円~2万円程度の工賃で取り付けを行ってくれます。

音楽は、車に欠かすことができないものです。お気に入りの音楽を聴きながらドライブすれば、見慣れた道も新鮮に思えることでしょう。ただし、あまり下品な大音量で音楽を聴くのはオーバーエイジとして恥ずかしいこと。どの程度までボリュームを上げると車の外に音漏れしてしまうか、そんなことを確認するのも、大人として大切な態度です。
価格.com - カースピーカー | 製品情報、価格比較、通販

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.