要チェック! 日産高級サルーン

日産でハイグレードなセダンをお探しならば、シーマかフーガがベストです。シーマは現在生産が終了していますが、まだ新古品もあります。プレジデントを除けば、フーガが今もっとも日産で高級なサルーンです。オヤジにしか似合わない風格漂う2つのセダン、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ちょっとヤンチャなあなたにも、シーマ

生産終了後の今でも尚、高い人気を誇る日産の高級車・シーマ。その支持者は幅広く、20代の若者から70代の男性にまで好かれています。

過去はクラウンと同様にスクエアな作りでしたが、改良を重ねるごとにだんだんと流麗なフォルムに変化。独特の円みを帯びた厚みのあるデザインが特徴となり、好評を博しました。ホイールを替えたり、内装にレザーを張ったりと、「いじり甲斐」もあるのがシーマの持ち味。車を大いにカスタマイズしたいヤンチャなあなたには、とてもおすすめです。

中古車屋での相場は、状態にもよりますが約200万円程度。よりダンディな旧型は、100万円以下で見つかることもあります。

フーガ全盛の現代、流行の逆を行ってあえてシーマにこだわるのも、アリでしょう。

日産シーマ

フーガ=風雅 エレガントなあなたに

日産最高級車・シーマのお株を奪ってトップに上り詰めたのが、フーガです。トヨタ・クラウンと同等の人気がありますが、一部にはフーガの方がより「エレガント」だという声もあり、中高年からは大ウケ。艶々と底光りする厚塗りの塗装も、フーガの特徴です。

フーガという車名は、「風雅」という言葉から来ているそうです。また、クラシック音楽の形式の1つである「フーガ」ともかかっています。その名前の通り、実にシックで格調高いデザインとなっており、ギラギラするような「ラグジュアリー感」はありません。ちょっとヤンチャに見える高級車が苦手な男性にも、しっくりと来る至高の1台です。女性からの人気も高いので、パートナーを意識した車選びの候補としても、有力でしょう。

国産の「高級セダン」と言うと、どうしてもクラウンにばかり目が行ってしまいがちですが、日産も上質な車を多数送り出しています。気になる方はシーマ、フーガの両方に試乗してみて、実際に乗り心地を確かめてみましょう。

日産フーガ

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.