セルフのスタンドやドライブスルーであわてない

車で移動していればいろいろとやらなければならないことに遭遇します。初めての経験で戸惑うことも多いでしょうが、どんなものが待ち受けているかを知っておけば多少は楽になるでしょう。ちょっとした例を2つみてみます。

初心者にはハードルが高いセルフスタンド

車の運転と切っても切れないのが燃料の補給です。ハイブリッドカーや電気自動車であっても避けて通れないことです。現在はガソリン車が主流ですから、一般的には街中のガソリンスタンドでの給油となります。

店員さんが誘導してくれて給油もしてくれるガソリンスタンドであれば、停止位置にちゃんと止めることさえできれば、給油口のフタを開け捜査がわからなくても店員さんが手伝ってくれるでしょう。休憩室でひと息つくこともできます。

しかし、セルフのガソリンスタンドではそうはいきません。一応、窓口係の店員さんがいることはいますが、基本的には自分で全部やらないといけません。そのためのセルフ料金ですからね。店によって勝手が違うこともあります。

給油機が多数あって混雑していない店なら注意書きを入念に読む余裕が持てますが、並んで待っているようなケースでは気が焦って時間がかかってしまうこともあります。何度か使うと慣れるものですが、初めは余裕を持って行きましょう。

ドライブスルーくらい使えるでしょ

まさか、ドライブスルーで失敗する人なんていないでしょう。と思いたいところですが、これも初心者には思わぬ落とし穴になりかねないスペースです。失敗しやすいのは、窓口が見えにくかったり見落としたりして行き過ぎてしまうことです。店の作りによっては出口側から逆走してくる車もあります。

このあたりのことは、店側もいろいろ工夫しており起きにくくなってはいます。

ドライブスルーの問題点としては、ドライバー側の責任ではないのですが、注文した品物と受け取ったものの中身が違うというものがあります。これは店頭のカウンターでも同じことが起きるのですが、ドライブスルーを利用するときはその場で中身を確認しないことが多いのではないでしょうか。

後ろに車が並んでいれば、できるだけ早く発進しようと思うでしょうし、そもそもドライブスルーを利用するくらいですからサッサと次の目的地へ向かう場合が多くなります。結果として、気付いた時にはかなり遠いところにいて…。となるのです。

車を運転していると、その他にもいろんなことが起きる可能性があります。自分ひとりで乗っているならまだいいですが、彼女とドライブ中なんて場合だと避けたい事態です。自分の努力はどうにもならないこともありますが、ちょっと気を付ければ回避できることもあります。

車を楽しむために必要なのは、常にあわてない心の準備かも知れませんね。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.