壮年カーライフのA to Z

彼女が気になるあなたのニオイ

女性は男性よりも、ニオイに敏感だといわれています。とくに中年世代の男性が発する体臭にはかなり敏感なのだとか。女性とドライブデートをするなら、車のニオイだけでなく自分自身のニオイケアも始めましょう。

≪中年世代の体臭は、女性のいちばん苦手なニオイ?≫

中年以降の男性が発する体臭は、大きく分けて2種類あるといわれています。ひとつが加齢臭、と呼ばれるもので高齢になってから発せられるようになり、枯草のようなニオイです。いわゆる「おじいちゃんのニオイ」といったようなもので、人によっては懐かしさを感じることもあるのだとか。

一方30代頃から40代にかけてもっとも強く発せられるのが、皮脂が酸化して起きる体臭。呼び名は様々で、ミドル脂臭や中年臭などといわれています。皮脂が酸化して発せられるニオイですので男性に限ったものではないのですが、男性の場合もともと女性よりも皮脂の分泌が多いためニオイやすいそうです。さらに30代を過ぎると皮脂の粘度が高くなるので洗い残しやすくなり、より強くニオイを発するようになるのだとか。そしてこのミドル脂臭、中年臭と呼ばれる腐った油のようなニオイこそ、女性がもっとも苦手とするニオイといわれています。

ドライブデートとなると狭く密閉された車内で、長時間近距離にいることが多いですね。キツイ体臭をそのままにしておくと、無自覚のうちに女性に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

≪体臭ケアはきちんと洗うことから≫

中年世代のキツイ体臭ケアの第一歩は、ニオイの原因となる皮脂をきちんと落とすことです。最近は中年男性用として洗浄効果の高いシャンプーやボディソープなどが数多く販売されています。ほかの製品と比べると多少割高ではありますが、こうしたものを活用してみましょう。

また男性専用でなくとも柿渋や緑茶が配合された石けんなどもおすすめ。古くからニオイ消しや殺菌に使われてきた成分ですので、比較的肌への刺激が少ないといわれています。洗浄力の高い男性用の製品を使うと肌がかぶれてしまうという人は試してみてはいかがでしょうか。

そして皮脂をきちんと落としたら、必要以上に分泌させないことも大事。皮脂は本来、肌を乾燥などの刺激から守るバリアの役割をしています。皮脂が過剰に分泌されているということは、もしかしたら肌が乾燥して弱い状態にあるのかもしれません。入浴後はローションやクリームなどで保湿をし、きちんと肌に潤いを与えることで皮脂の分泌が抑えられるケースが多いそうです。

さらに体臭を根本的に改善したいのであれば、生活習慣も見直しましょう。暴飲暴食、喫煙といった生活習慣は体臭をキツくさせるといわれています。改善したからといってすぐに体臭がやわらぐわけではありませんが体質から変わりますので、並行して行うといいでしょう。

体臭は、車内同様自分ではなかなか気付かないニオイです。しかも気付いている周囲の人も、気まずくてなかなか言い出せず、無意識のうちに周囲を不快にさせていることも珍しくありません。実際、体臭や強い香水などのニオイによるハラスメント、スメルハラスメントは最近大きな問題となっていますね。30歳を過ぎた男性であれば誰しも多かれ少なかれ体臭が出てきます。女性とのデートのときだけでなく、普段からもぜひ体臭を意識したケアを行ってみてください。