北米で大人気!スバル車の魅力

車選びのポイントは、性能、走りの良さ、車内空間、燃費、デザイン、といくつもありますが、中には、メーカーに絶大な信頼を置いてそのブランドをチョイスする人もいるのではないでしょうか。日本で有名なメーカーといえば、まずトヨタ、日産、ホンダなどの名前が浮かびます。

そんなメジャーな大手自動車メーカーに負けない勢いを見せているのが、富士重工業。ブランド名「スバル」で知られるその車は、今、北米市場を中心にすごい勢いで売れているそうです。そんなスバルの魅力について迫ります。

スバル車のエンジン

スバル車を象徴するもの、それは「水平対向エンジン」とよばれる特殊エンジンではないでしょうか。ピストンを左右水平に配置する独特のレイアウトが特徴で、このエンジンを採用しているメーカーは世界的にも希有といわれます。

このエンジンのすぐれたとことは、低重心でバランスのとれた回転、走行安定性を実現し、かつ衝突しても壊れにくい耐久性といえるでしょう。さすが、ルマン24時間などのモータースポーツでも好成績を残すブランドだけに、その高スペックは折り紙つきです。

インプレッサ

スバルブランドの中でも最も売れているといわれるインプレッサ。日本でも北米でもスバルを支える主力商品として知られます。

ヨーロッパ車にも引けを取らない上質なフォルムと快適な走行性能は、ハンドルを握る人をワクワクさせる不思議な力を秘めています。胸の底に情熱を抱えるミドル世代には、何かギラギラさせるものを蘇らせてくれる、そんな期待感さえ持てます。

人気のスポーツカーながら、価格は150万円程度とお買い得。これほど高パフォーマンスの力を持ちながら、この低価格だけに、欲しくなわないわけがありません。

フォレスター

アメリカの厳しい安全基準である「トップセーフティピック+」をクリアした高級SUV。山道や苛酷なオフロードでも快適かつ安全に走向するポテンシャルは本物。自動車発祥の国・アメリカで衝突安全性のお墨付きを与えられただけに、安心してその身をゆだねてもいいでしょう。

また、後部の大きなドアもボタン一つで開けられるパワーリアゲート機能も搭載。快適な走りだけでなく、充実した機能でカーライフを支える、すぐれた多目的レジャー車といえます。

レガシィ

スバルの代名詞ともいえる名車・レガシィ。2003年には日本カー・オブ・ザ・イヤーにも受賞されたことがあるので、その実力はいまさらながら説明の必要はないでしょう。洗練されたデザインに躍動感あふれるドライビング感覚。コンパクトフォルムながら、すぐれた収納性。スマートさと大胆さを兼ね備えたツードアワゴンは、今後もスバルを力強く牽引していくでしょう。

これからどんどん躍進が期待される

スバルといえば、日本ではそれほどメジャーな存在ではなく、マニア向けに車を開発していたイメージがあります。ところが昨今の北米市場を中心とした人気の過熱により、国内外で脚光を浴びるようになりました。

スバル独自の水平対向エンジン、そしてルマンを走りきる抜群の耐久性が、人気を呼び込む秘訣のようですね。この調子だと、日本でも人気に火が付くのは時間の問題かもしれません。最近の車に飽きて刺激を感じなくなった壮年世代も、昔のギラギラした感情を呼び起こし、スバル車を先物買いしてみるのもいいでしょう。

Copyright© 壮年カーライフのA to Z All Rights Reserved.